木村拓哉『無限の住人』興行収入100億円狙いも、現実は10億円も厳しい?評判は良いのに空席祭り - スクープ!エンタメ 芸能 のツボ

スポンサードリンク

木村拓哉『無限の住人』興行収入100億円狙いも、現実は10億円も厳しい?評判は良いのに空席祭り

公開前から大コケ予想が囁かれていた元SMAP木村拓哉さん主演の映画『無限の住人』、その公開初週のランキングが話題となっています。
事前には配給元が興行収入100億円を狙う、ともコメントしていたという同作ですが、初週ランキングは6位にとどまり、現時点の興収からは100億円どころか10億円も厳しいのではとの予測となってしまっています。
評判は決して悪くないといいますが、先行きは厳しそうです。→ Geinou Ranking

新装版 無限の住人(11) (KCデラックス アフタヌーン) [ 沙村 広明 ]


にほんブログ村 芸能ブログ


映画週末興行成績ランキングの発表前から、客席がガラガラだった、など大コケを予感させる噂が流れていましたが、やはりというか、初週のランキングが6位と大きく出遅れる結果となってしまった『無限の住人』。
ちなみに、ランキングはこうなっています。

1位(2) 美女と野獣 372館 動員68万3500人、興収11億2200万円
2位(3) 名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)354館
3位(1) ワイルド・スピード ICE BREAK 355館 動員42万人、興収6億3400万円
4位(1) 帝一の國 291館 動員16万6000人、興収2億1400万円
5位(3) 映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ 349館
6位(1) 無限の住人 331館 動員14万5000人、興収1億8900万円
(データ引用 映画.com)
※()内は上映週

動員、興行収入についてはわかるもののみ記入しています。
『無限の住人』は2億円を超えることができず、既に公開3週目の『クレヨンしんちゃん』にすら負けて6位となってしまいました。
ちなみに、菅田将暉さん主演の『帝一の國』は『無限の住人』をライバル視してたとも噂されていましたが、公開館数は40館も少ないのに動員、興収ともに『無限の住人』に圧勝という結果に…。
ただ、『無限の住人』は、映画としての評判は決して悪くない、という話も。

(以下引用)
『無限の住人』は、『IZO』(2004)、『十三人の刺客』(10)、『悪の教典』(12)などの作品で知られる、三池崇史監督の最新作。
三池作品のジャンルは多岐に渡るが、バイオレンス描写やホラーが高く評価されることが多く、『無限の住人』も「“ぶった斬り”エンタテインメント」というキャッチコピーの通り、木村扮する不死身の侍・万次が刀で敵を“斬りまくる”シーンがひとつの見どころとなっているよう。

Twitter上でもそんなアクションシーンを絶賛する声は多く、
斬りまくりアクションが爽快。キャストもハマってた!
「『無限の住人』おもしろかった! “ぶった斬りエンタテインメント”の名は伊達じゃなかった……!」
「2回目観賞してきた。楽しすぎるよ、ぶった斬りアクション! キムタクが万次でよかった
と、好意的な感想が投稿されている。
(以上引用 デイリーニュースオンライン)

しかし、映画.comのレビュー欄のほうでは、あまり評価は思わしくないように見えます。
一部引用してみます。

(以下引用)
設定も配役も悪くないと思うが、脚本がつまらなくしたと思う。
インモータルに悩むところをもっと描く。
なぜ助太刀するのかをより詳しく描く。
尺を140分使えるのなら、もっと心理描写と映画の中のリアリティをあげることに使えば良くなるのになあ。惜しいなあ。

「福士蒼汰が珍しく敵役で登場しますが、それほど悪い奴に見えないところが残念。また、死ぬことができない男の悲しみも、どこへ行ったのか、あまり深く追求はされません。
まぁ、大味な作品ですね。」

「冒頭の金子賢さんがらみの斬りあいシ〜ンでおなかいっぱいになってしまい、その後の単調なすと〜り〜に途中で寝てしまい、クライマックスの音で起きたです苦笑

「期待が大きかった分いまいちな感じが残る。」

「正直残念な作品でした。
杉咲花、戸田恵梨香はとてもよかったです。」

「アンチキムタクでもなく、原作も読まないで行ったけど面白くなかったなー。
見所のはずの殺陣もすげー!とは思わずだらだらやってただけだし。チャンバラごっこかよ。
ただまあ福士君と海老蔵さんはかっこ良かったな!」

「2回観賞。映画館で観るべき重量のある良作。
現実離れした設定にもかかわらず、命の重みをずっしり感じられた。適度なグロさのため爽快感もある。


「スタートから最後まで切って切られての繰り返し!!ネタバレになるので語りませんが…面白かったと思います。」
(以上引用 映画.com)

5段階評価の0、5など極端な評価をしている人もいますが、3あたりをつけて“惜しい”という人が多くいらっしゃる印象でした。
全くの駄作、というわけではないようです。
が、現実は厳しく…実際に観に行った方々からは、“空席が多い”というコメントも投稿されていたそうで…。

(以下引用)
公開初日は都内に限らず満席になる映画館が多かったようだが、TOHOシネマズ新宿、TOHOシネマズ渋谷などはすでに「空席あり」の表示が並んでいる。
観賞に行った人からも「空席が目立ったけど、大丈夫なのかこれ?」「『無限の住人』見に来たけど、ガラガラすぎてやばいぞ」と心配の声も聞こえる。
(以上引用 デイリーニュースオンライン)

さらに、普段messyというサイトにコラムを書いていらっしゃるエリザベス松本さんという方は、公開日に『無限の住人』を観に行ったそうですが、実はこの映画を目的にしていたわけではなく…。

(以下引用)
4月29日、公開初日に木村拓哉(44)主演の映画『無限の住人』を鑑賞した。
こう書くと、筆者がものすごく熱心なキムタクファンであるかのように思われそうだが、それは違う。
その日の夕方に友人と「夜、映画に行こう」という話になり、その時点ではふたりの気持ちは100%『美女と野獣』にあった。
だが、我々は世の中がすでにゴールデンウィークに突入しているという事実をすっかり失念していたのである。
映画館に向かう前に時間確認のために映画館HP開くと、なんと無情なお知らせがそこに。
『美女と野獣』のレイトショーの吹き替え・字幕ともに満席だというではないか。
いや、正確には数席残ってはいた。ただし一番前の席のみで。

(以上引用 messy)

さすが2週連続トップの映画です。
『美女と野獣』が見られなかったので仕方なく『無限の住人』を見たというのですが…。

(以下引用)
ちなみに、29日公開初日にも関わらず『無限の住人』はレイトショー上映時間2時間前でも残席表示は◎。
つまり、まだまだお席に余裕があります状態
であった。
公開初日、しかも値段が安くなるお得なレイトショー、それなのにお席に余裕あり。
主演の木村の立場で考えてみるとこれはなかなか切ない状況だろうな、と思いつつチケットを取り座席に座った。
(以上引用 messy)

とのこと。
これが1位と6位の差、ということになるでしょうか。

木村さん、これまでやったことないほど、この映画の番宣に走り回っていたわけですが…結果はついてきませんでしたね。
ネットのレビューを見る限り、ここからじわじわと火がついてロングヒットになる要素もなさそうです。
映画.comでは、“まずは10億円超えが当面の目標となりそうな出足となった”と書かれていますが、10億円も厳しそうな情勢だとの分析も…。

(以下引用)
キムタク主演の大作映画としては記録的な惨敗。
今作は製作費が億単位なのはもちろんのこと、PR費だけでも1億円がつぎ込まれた
といわれている。
最低でも興行収入10億円を突破しないと黒字は厳しいようですが、それにまったく届きそうになく作品関係者の処遇にまで影響しそうな大惨事です。
キムタクは宣伝のためにバラエティに出演しまくり、深夜番組でマツコ・デラックス(44)との禁断の“同級生共演”まで解禁。
紙メディアでも『表紙ならどんな雑誌でも出る』と従来であれば無視していたような週刊誌のオファーまで受けまくり、過去最高といえるほど宣伝に力を入れてきた。
しかし、それだけやっても結果は大惨敗。
さらに若手俳優の菅田にも完敗したことで、世代交代という印象が強まってしまったのが痛いところです」(スポーツ紙記者)
(以上引用 デイリーニュースオンライン)

※その必死すぎるPR活動が裏目に出たとの噂も…
木村拓哉『無限の住人』必死の宣伝活動が裏目に?独占インタビューの“逆オファー”があったと映画ライターが暴露!

一応6位には入ったのですから、“大惨敗”は言い過ぎのような気がしますが…。
木村さんの直近の映画『HERO』(2015年)の興収を考えると、“大惨敗”と言いたくなる気持ちもわかりますけどね。
ちなみに『HERO』の初週興行成績は動員54万0963人、興収7億3277万4900円、最終興収が46.7億円でした。

HERO DVD スタンダード・エディション(2015) [ 木村拓哉 ]



さて、『無限の住人』はどこまで興行成績を伸ばすことができるでしょうか。
ゴールデンウイークは映画を見る人も増えますし、期待したいところでしょうけれど…来週発表される次の映画興収ランキングも楽しみですね。

黒柳徹子「SMAPは仲良くないの?」木村拓哉を狼狽させた“黒質問”
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


気になる芸能人のブログはこちら

banner_03.gifにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
スポンサードリンク
【注目ニュース】
LCラブコスメ
2017-05-03 23:01 | Comment(6) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ざまぁwwwwキムタクざまぁwwww
Posted by at 2017年05月04日 08:18
裏切者が正義のヒーローだし
上がっても5位 もっと下がるほうが本人の為w
Posted by at 2017年05月04日 12:20
本当に残念。
キムタクが主役でなければ見に行ったのに。
Posted by at 2017年05月04日 13:02
ユダwww
Posted by at 2017年05月05日 23:04
キムタクばかりに責任をなすりつけるのはお門違い。
これはチームプレイだ。
映画がこけたら監督、脚本、役者、スタッフ、関係者全員の責任だ。
Posted by at 2017年08月21日 22:37
キムタクはどんな役をしても、同じで
キムタクから脱する事ができない。
これでは作品がよくてもみな同じになっている。
Posted by at 2017年08月22日 14:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサードリンク

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © スクープ!エンタメ 芸能 のツボ All Rights Reserved.