不倫騒動を蒸し返したゲス川谷絵音にベッキーは何を思う…「せっかく清原騒動で世間が忘れかけてたのに!」 - スクープ!エンタメ 芸能 のツボ

スポンサードリンク

不倫騒動を蒸し返したゲス川谷絵音にベッキーは何を思う…「せっかく清原騒動で世間が忘れかけてたのに!」

昨日発売の週刊文春でベッキーさん(32)との不倫騒動について改めて語ったゲスの極み乙女。ボーカルの川谷絵音さん(27)。
その後、騒動後初めてツイッターも更新、大きな話題となっています。
謝罪することを否定するかのようなインタビュー内容にベッキーさんサイドが激怒しているとの報道もありましたが、騒動を改めて蒸し返されたことにも怒り心頭のようです。→ Geinou Ranking

ゆめの音色 [ ベッキー ]


にほんブログ村 芸能ブログ


文春に川谷さんが語った内容はこちら。

(以下引用)
――ライブで「好きで黙っていたわけじゃない」「謝れっていうけど誰に謝ればいいの?」と発言されていたそうですが。
「はい。あのー、なんていうんですかね、世間の人たちにバーッって『謝れ、謝れ』って言われるのが、謝るべき人に謝るということとは違うのかなっていう意味で言ったんですけどね」
――それは例えばインスタグラムなどに寄せられている言葉に対してですか。
「そうですね。ネットとかの『謝れ、謝れ』みたいな、言う人たちに対して、僕もそうなんですけど、ベッキーさんもそうだと思うけど、何か違うんじゃないかなと思って」
――「好きで黙っていたわけじゃない」とか「正直内輪での話だからみんな関係ないじゃん」という言葉は、本意という風に受け止めてよろしいんでしょうか。
そうですね。まあ悪いほうに取られるのがすごい嫌なんですけど、はい
――1月のフリーライブではファンの前で謝罪されましたが、あれはご自身としては不本意だった?
「うーん、そうですね。
僕はあの時に、ちゃんとした話をしたかったんですけど、相手方にも迷惑をかけるかなというところもあったり、会社同士の話もあったので、詳しく話すとかじゃなくて、ただ単に『申し訳ありませんでした』という言葉だけをいうって形に、話し合いでなって。
で、ああいう形の……」
――今回のライブで、「写真使うならもっといいやつ使ってほしい」とか「ミヤネ屋の金髪の写真は2年前」という話も実際にされたんですか。
「なんかあんまりしんみりした雰囲気になるのも、と思って、ライブで。
はい、ちょっと明るめな話はしましたね。
メンバーに対しても自分に対しても、ちょっと今は雰囲気が……」
――「今日のことも書かれると思うけど、もう何を言われてもいい」とも。
「そうですね、特に対外的にコメントしたつもりはなくて。
ファンの人に対してというか。
僕がずっと暗くなっていると、ファンの人たちはあまりよく思わないので。
ライブの場でそういう話をするのは、明るく振舞ったというのはありますね

――「謝れっていうけど誰に謝ればいいの」というのは、ネットに対してとおっしゃいましたが、奥様に対する謝罪のお気持ちは持たれているんですか。
「はい。それはもう、奥さんとは何回も話をして、『申し訳ございませんでした』という話は。
何度言ったからと言って変わるわけじゃないんですけど、あの、そういう話は二人の間ではしていますね

――まだご結婚生活は続けているんですか?
「えーっと、もう別居中ですね。ずっと
――離婚に向けて協議を進めている状態ですか。
「そうですね。二人でちゃんと話し合いを今、しています。はい」
――今、病院にいらっしゃるということですが、ご体調優れないんでしょうか」
「僕、ちょっとノドのリハビリでずっと通っていて。
今も病院にいて。すいません、ありがとうございます。失礼します」
(以上引用 週刊文春)

そして、1月に不倫が発覚してから初めて川谷さんがされたツイートがこちら。



“色んな切り取られ方をしていますが”ということでしたので、とりあえず文春に掲載されているインタビュー部分はそのまま引用させていただきました。
「誰に謝ればいいの?」という言葉だけが独り歩きしてしまった印象でしょうか。
川谷さんが言いたかったのは、妻やベッキーさんの所属事務所、自分の所属事務所など関係者、それから自分たちをこれまで応援してくれたファンに向けて謝る言葉は惜しむつもりはないけれど、それ以外の、興味本位でこの騒動を見物しているその他大勢、世間というものに自分が謝らなきゃいけない意味が分からない、と、そういう意味だったようです。

まあ、そういわれてしまえば芸能マスコミは存在意義を全否定されてしまうわけですが。

芸能人というのは特殊な職業で、存在そのものが商品です。
ありとあらゆる方向から、その商品を売るのが仕事です。
謝る必要を感じないというその世間が“ゲスの極み乙女。の川谷絵音”という存在を認めなければ、仕事ができないはずなんですけどね。
いわゆる“イメージ”というやつです。
世間に向けて謝る必要はないのかもしれないけど、イメージの悪化が仕事に悪影響を与えるものならば、ただのパフォーマンスでも謝っておいた方が今後の仕事のためにはよい、という判断で、芸能人の皆さんは世間に謝罪されているのだと思います。
つまり、芸能人の皆さんにとっては、関係者に謝罪するのも世間に謝罪するのも同じことなんです。
その謝罪(というパフォーマンス)の仕方を誤ってしまったのがベッキーさんで、だから今ベッキーさんはこうなってしまっているわけです。

不思議なものですよね、本来はこうした醜聞に対しては早めの対処が肝心のはずで、きちんと初期対応したはずのベッキーさんは干され、最初からだんまりを通して騒動が収まりかけたころに再び火をつけた川谷さんの方は普通に芸能活動が続けられているというこの現実。
それではなぜ、川谷さんは今頃になって口を開いたのでしょうか。

(以下引用)
音楽関係者は「川谷は騒動が明るみに出た時から、話したくて仕方がなかったことは間違いない」と指摘。
さらに
1月に都内で行ったフリーライブでも、予定にはなかったのに涙を流すようなパフォーマンスをして、周囲を怒らせたほど。
2月末には、『週刊新潮』に川谷を悪者にしてベッキーを擁護する記事が出た。
ネタ元はベッキーにかなり近いところと言われている。
そういう事情が重なり、ますます話をしたいところで『文春』から電話があり、飛び付いたのだろう
と分析した。
(以上引用 東スポ)

所属事務所も、今回取材を受けた経緯について

(以下引用)
これまで全ての直接取材は受けてこなかったが、本人の携帯にまで電話がかかってくるのは想定外だった
(以上引用 Techinsight

と述べており、事務所の意図したものではなかったようです。
サイゾーにはこんな憶測も掲載されていますが…。

(以下引用)
「不倫騒動で、ベッキーはCMやレギュラー出演の番組を失い、休養に追い込まれました。
一方の川谷はといえば、騒動直後に発売されたゲス乙女のアルバムの売れ行きが非常によくなり、音楽番組への出演を継続するなど仕事への影響はまったくないどころか、むしろプラスの状況といえるでしょう。
騒動が徐々に風化していく中で、川谷や事務所としても“もうひと稼ぎ”できると踏んでの今回の行動と考えると、妙にしっくりきますね。
不倫を報じた『文春』でしゃべるあたりもセンセーショナルですし
」(芸能記者)
(以上引用 日刊サイゾー)

文春には、記者さんが川谷さんの携帯電話に突撃取材を試みたところあっさりと本人が出て取材に応じた、と書かれてます。
もし事務所にこの騒動でもうひと稼ぎとかそういう思惑があったとしたら、その場でタレント本人に取材を受けさせるようなことはしないと思うんですよね。
いったん取材の申し込みを受け、川谷さん本人と何をしゃべるか入念に打ち合わせをしたのちに取材に応じるのではと思います。
なので、この発言は本当に川谷さんの本音、と思っていいのではないでしょうか。
まあ、ゲスの極み乙女。というバンドに、騒動前はベッキーさんほどの知名度がなかったことは明らかですし、騒動後に売り上げが伸びていることを考えると、もう少し騒動が長引いてほしいと思ったとしても不思議ではないですが…。

ロマンスがありあまる [ ゲスの極み乙女。 ]



気の毒なのはベッキーさんサイドです。
初期対応を誤ってしまったせいでバッシングが激しくなりついに芸能活動自粛に追い込まれ、稼ぎ頭を失ったサンミュージックは事務所の運営すら危うくなっている、そんな状況で、やっと騒動が沈静化し始めたところへ改めて燃料が投下されてしまったわけですから…。

(以下引用)
ベッキーサイドとしては、とにかく今は嵐が過ぎ去るのを待っている状態。
しかも最近は清原和博容疑者が覚醒剤取締法違反で逮捕されたり、プロ野球・巨人の現役選手による野球賭博問題など、世間を揺るがす事件が次々と起きており、ベッキーの不倫騒動は話題にならなくなってきた。
そんな時に川谷本人がわざわざ騒動を掘り返して、ネットで批判してきた人たちを挑発するかのような文言を並べた。
『もう余計なことはやめてくれ!』というのがベッキーサイドの本音
ですよ」(芸能プロ関係者)
(以上引用 東スポ)

川谷さんと奥様は、当初ベッキーさんと川谷さんが目指していたように“卒論(離婚届)”の提出に向けての話し合いをしているようですが、ベッキーさんと川谷さんもすでに破局しているとの噂です。
なんでしょうね、既婚でありながらそれを隠してベッキーさんに近づいた、どう考えても一番悪いと思える川谷さんがいいとこ総取りになってしまってるこの状況。
ついでに、ゲスの極み乙女。のほな・いこかさんも結婚していることを隠している疑惑が浮上してますが、そんなゲスの極み乙女。は今後ますます知名度が上がって売り上げが伸びてメジャーになっていくのでしょうか。
ベッキーさんの一人負け状態、なんかここまでくると気の毒になってしまいますが、今後芸能界復帰の目はあるのでしょうか。
復帰しても、よほど対策を練らないと以前のような売れっ子には戻れないでしょうけど…。

※こないだも戦略間違えちゃいましたしね。
ベッキーの寄付話はねつ造?日本ユニセフの「否定」で首を絞めた!?
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


ゲスの極み乙女。川谷絵音のSNSはこちら

banner_03.gifにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
スポンサードリンク
【注目ニュース】
ひらめきPEPABO WiMAX
2016-03-11 10:29 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサードリンク

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © スクープ!エンタメ 芸能 のツボ All Rights Reserved.