川越達也シェフは今…テレビでは見ないけど各地のイベントで引っ張りだこだった! - スクープ!エンタメ 芸能 のツボ

スポンサードリンク

川越達也シェフは今…テレビでは見ないけど各地のイベントで引っ張りだこだった!

数年前に“水800円”で炎上して以来、テレビなどで見かける機会がめっきり減った川越達也シェフ(42)。
ネットなどでは“消えた”ともいわれている川越シェフですが、実は各地で行われているディナーショーやイベントで大人気の引っ張りだこ状態になっているのだといいます。
本業の料理人としては、店を3軒ほど、1年足らずで閉店させているとか。→ Geinou Ranking

川越達也のコンビニ・キッチン [ 川越達也 ]


にほんブログ村 芸能ブログ


川越シェフといえば、自身がオーナーシェフを務めるレストラン『タツヤカワゴエ』が接客から料理の味まで酷すぎる、という噂が数年前にありました。

川越達也のレストランが酷い!業界関係者「二度と行かない!」

これは、川越シェフ自らがブログで公開しているクレーム…シェフの元には匿名で届いたようですが…を出したという業界関係者が証言する形で、サイゾーウーマンが記事として掲載したものでした。
そのクレーム内容を要約すると、

・おしぼりにきつい香りの香水がかけられていて、その後手でパンなどを食べる時食事の匂いを感じられなかった。
・料理はハーブティーと一口チョコケーキが一番おいしく、それ以外のものはイマイチな点が多い。
・料理を残したときにその理由をいちいち聞かれた。
水が800円とは驚いた。「お水でもお持ちしましょうか」と聞かれて、普通チャージされるとは思わない。
・ドリンクメニューがなく不親切。
・会計をして数分してから店を出ようとしたら、さっき会計をしてくれた店員に「お客様お会計は?」と聞かれた。
・最後のお見送り時には3人のスタッフがいたが、その中の1人が小声で「ありがとうございました」と言っただけで後の2人は無言だった。
これでサービス料10%は納得いかない。

といったもの。
このクレーム、川越シェフがそのうち削除するかと思ってましたが、いまだにそのままブログで公開されてます。

※ちなみにこんな記事です。
クレームを頂きました。(タツヤカワゴエオフィシャルブログ「タツヤカワゴエの料理天国」)
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

ここでも出てきた“水800円”について、川越シェフが“年収300〜400万円で高級店を批判するような人のコメントが載ってる食べログはくだらない”というような発言をして炎上したのが、13年6月頃のことでした。

川越達也シェフ「水だけで800円も取られたとクレーム…」「年収3〜400万円のくせに食べログで高級店批判してるやつって何なの?」

この“水800円”は、水が800円であることもちょっと驚きですが、客にお金がかかることを言わずに勝手に注いでおいて後から料金を請求していたという、ある意味詐欺的なやり方を批判するものでした。
いい水を使っていて、お金を取ること自体は構わないと思いますが、それは客にきちんとお金がかかることを明示したうえで、という前提条件が付くのは当たり前のことです。
この発言が炎上した川越シェフ、『タツヤカワゴエ』のそれまでの料金体系を一新し、ディナーは15000円でコース料理と飲み物は飲み放題、となりました。

※詳しくはこちらでどうぞ。
川越達也の『タツヤ・カワゴエ』が水800円からコース料理+飲み放題で15000円に料金改定!

この騒動以降、川越シェフの名前を聞くこともほとんどなくなり、今回この週刊文春の記事で久しぶりお名前を拝見したわけですが、別に消えてしまっていたわけではなかったようです。
実は、ディナーショーで大人気、なのだというのです。
週刊文春には、12月8日に栃木県那須郡にあるリゾートホテル・エピナール那須でのディナー&トークショーの様子が掲載されています。
なんでも、16時半からと19時半からの2部構成で、一人1万8千円で400人が集まったとか。
川越シェフのブログを見ると、今年はこのエピナール那須でのもののほか、熊本で1回、あとはプレミアムトークショー、というものが1回開催されていたようです。
ディナーショー、と名のつくものは2回だけのようなんですが、これでも“引っ張りだこ”“大人気”という表現でいいのでしょうか…?
1回400人だったとしたら、熊本と2回で800人。
ひとり1万8千円ですから、稼ぎは1440万円ほどになります。
まあ、芸能人というわけではないですし、これだけ集められればすごい、ということになるのでしょうか。

※ちなみに。
松田聖子、ひと冬のディナーショーで稼ぐ額は約5億5000万円。

川越シェフのディナーショー、今年開催のものについてはネットにはあまり情報がないんですが、ちょっと古いものならいくつか見つけることができました。
今もこんな感じでやってらっしゃるのでしょうか…?

川越達也のディナーショーが完全にナルシスト過ぎる件 デザートは顔写真入りマカロン[画像アリ]
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

さて、そんな川越シェフですが、本業の料理人としては『タツヤカワゴエ』の他にもレストランをオープンしていました。
2年半ほど前に渋谷に『ピンク』、白金台に『プラチナ』、さらに地元宮崎に居酒屋『ぴりり』と3軒あったそうですが、どこも1年続かずに閉店したとか。

(以下引用)
オープン当初はかなりの人気で客もいっぱい。
でも、すぐに夜はガラガラになって、ランチしか人が来てなかった。
何度か食べに行ったけど、うーん、そんなに美味しくなかったね
」(ピンクがあった近所の住民)
(以上引用 週刊文春)

この件について、文春は川越シェフに話を聞いています。

(以下引用)
「いままでは自分の事務所でテレビのお仕事などを闇雲に受けてきましたが、この1年くらいは所属している事務所にマネジメントをお願いしています。
僕も40代に入り、先のことを考えるようになりました。
イベントやコラボのお仕事は、タイミング的に競合しないものであれば、なんでもお受けしています。
お店については、以前から多店舗展開に興味がありましたし、自分がその事業に向いているか向いていないのか、それを確認する為の出店でもありました。
お仕事を探している方にチャンスをという気持ちもありましたね。
自分も働いたお店でチャンスをもらったので、恩返しのつもりで準備しました。
全部任せましたが、その方々が頑張りきれなかったということです
(以上引用 週刊文春)

なんでしょうね、川越シェフのお話って、なんかこう微妙に主旨をそらされるというか、そういうことを聞きたいわけじゃない、という感じがしますよね。
これでは、自分はそれらの店の営業にはまったくタッチしていなかったし閉店には何の責任もない、全ては任せた人が悪かった、という風にとれます。
自分の名前で集客していたんでしょうに…。
つまり、店を任せる人選を誤った川越シェフは、自らが多店舗展開事業に向いていないと確認できました、と、そういう主旨のお話だったということでよろしいのでしょうか。

川越シェフ、現在はゴルフに夢中で、『月刊ゴルフダイジェスト』で連載も持っていらっしゃるとか。

(以下引用)
なんでもっと早く始めなかったのかと思っているくらいです。
今年は50〜60ラウンドくらいしましたね。
ゴルフ関係のお仕事もいただいたので、やるからには一生懸命やろうと思っています


もはや料理人の眼差しではなかった……。
(以上引用 週刊文春)

『タツヤカワゴエ』の食べログの口コミを見ると、ここ数年はよい評価のコメントしか入っていませんね。
かつては辛口のコメントも多数入っていましたが、料理の腕も上がっていらっしゃるようです。
話題に上らなくなったことで、ファン以外の方が行くことが少なくなっているのかも…という邪推もできますが。
料理人としても頑張っていらっしゃるということで、今後もタレントではなく料理人として頑張っていただきたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


川越達也のブログはこちら

banner_03.gifにほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
スポンサードリンク
【注目ニュース】
ひらめきPEPABO WiMAX
2015-12-27 13:51 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサードリンク

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © スクープ!エンタメ 芸能 のツボ All Rights Reserved.